牧場の朝少年サッカー大会

囲まれながらもボールをキープする鏡石FCS選手

 鏡石フットボールクラブ少年団の第30回牧場の朝少年サッカー交流大会は10、11の両日、県内外から36の小中学生サッカーチームが熱戦を繰り広げた。
 町教委の共催、鏡石フットボールクラブ少年団父母の会主管、笠石区、一区、仁井田区、さかい区の協力、阿武隈時報社などの後援。
 県内の35チーム、栃木県から1チームが日頃の練習成果を競った。
 須賀川・岩瀬管内からは鏡石FCS、FCブリーオ、岩瀬FCが参加し、鏡石FCSがUー12の部で6位、Uー10の部で敢闘賞(2位リーグ優勝)を受賞した。
 初日の試合終了後には懇親会や宿泊チーム交歓会が開かれ、交流を深めた。