「県民の日」は博物館やスポーツ施設など無料

 「福島県民の日」の21日は須賀川・岩瀬管内の一部公共施設が無料で利用できる。
 県民の日は旧福島・磐前・若松の3県が明治9年8月21日に合併して現在とほぼ同じ福島県が誕生したことから、郷土への理解を深め、郷土愛を育みながら県民が心を合わせ、より豊かな福島県を築き上げ次世代に引き継ごうと平成9年に制定された。
 市内では20年以上展示する機会がなかった貴重な考古・民俗・歴史資料や美術品が並ぶ「めったに展示しないもの展」を開催中の市立博物館が入館無料となる。
 また牡丹台水泳場が無料となるほか、須賀川アリーナのトレーニングルームが1時間無料で利用できる。
 鏡石町では鳥見山体育施設(多目的広場・町民プール「すいすい」を除く)を無料で利用できるほか、町構造改善センター、ふれあいの森公園も無料開放する。
 このほか県民の日関連企画として、25日にムシテックワールドで「すかがわサイエンスフェスタ」が開かれる。管内の企業や団体、高校生らが協力して、科学や工作を楽しめる企画を練っている。入館無料。