かがみいし田んぼアート観覧1万人

観覧1万人目となった佐藤さん家族

 鏡石町の新名所「かがみいし田んぼアート」が12日、観覧1万人を達成した。記念セレモニーは町図書館4階展望室で開かれ、南相馬市の佐藤友伸さんが栄えある1万人目となった。
 今年の田んぼアートは「眠れる森の美女」を色鮮やかにデザインし、まもなく隠れキャラクターも登場して本格的な見頃を迎える。
 1万人目の佐藤さんは家族で近くの観光地を訪ねながら田んぼアートに立ち寄った、和田和久実行委員長が岩瀬キュウリと町の地酒「鏡の雫」を贈った。
 なお町観光協会主催の「田んぼカフェ」は毎週日曜日開催、18日に最終日を迎える。町内飲食店の協力で町特産品を販売するほか、「かがみいしぐるめマップ」掲載店で使えるグルメ券(50円券)を来店者に配布している。