鏡石町議選まであと10日

 任期満了に伴い20日告示、25日投開票の鏡石町議会議員選挙は告示まであと10日となった。13陣営が町議選届出書類事前審査を終え、12議席を争う選挙戦となることが確実視されている。
 都合により6日に行われた審査を受けられなかった現職2期の井土川好髙氏(79)=本町=は9日に審査を済ませた。
 立候補を予定している現職は1期の橋本喜一氏(62)=久来石=、2期の小林政次氏(68)=笠石=、古川文雄氏(47)=南町=、菊地洋氏(62)=岡ノ内=、畑幸一氏(71)=鏡沼=、井土川好髙氏(79)=本町=、4期の渡辺定己氏(68)=高久田=、5期の大河原正雄氏(69)=中町=、今泉文克氏(71)=鏡沼=、木原秀男氏(75)=中央=の10人。
 元職は根本重郎氏(69)=池ノ原=、正式表明はしていないが立候補意志を示す円谷寛氏(76)=豊郷=。
 新人は角田真美氏(66)=岡ノ内=。
 前回の平成27年8月30日投開票の選挙では、定数12に対して現職12人、新人2人の少数激戦を繰り広げ、新人2人が当選、現職2人が涙を飲んだ。投票率は64・75%(男62・86%、女66・52%)で、町議選過去最低を記録した。
 3月末現在の定時登録者数は1万482人(男5091人、女5391人)。