tetteで「ウルトラとくさつワールド」

巨大ゴモラのあまりの大きさに驚く園児たち

 県や須賀川市、円谷プロダクション、テレビユー福島、ラジオ福島で構成するウルトラふくしま2019実行委員会の は8日から始まり、25日まで新ヒーローウルトラマンタイガコーナーやジオラマ、ヒーロー握手会など、子どもから大人まで特撮の魅力、楽しさを体感できる。
 県は特撮の神様と称される須賀川市出身の円谷英二監督が生み出したウルトラマンや特撮文化を地域の宝とし、福島ならではの魅力の創造と未来を担う人材育成につなげるため、スマートフォンアプリの「大冒険!ウルトラマンARスタンプラリーinふくしま」の連動企画として初めて開催した。
 オープニングセレモニーがたいまつホール前で開かれ、井出孝利県副知事、橋本克也市長、新田良一テレビユー福島代表取締役社長、花見政行ラジオ福島代表取締役社長、大塩忠正円谷プロダクション執行役員、ウルトラマンが出席し、天泉こども園児約20人が招待された。
 ウルトラマンと関係者らがテープカットで幕開けを祝った。
 ウルトラとくさつワールドは、たいまつホールにジオラマやスタジオミニチュアの展示、なりきりスポット特撮コーナー、巨大ゴモラ展示、新ヒーローのウルトラマンタイガコーナーなどを設けている。
 ダウンロード無料のアプリで会場内のQRコードを読み取るとイベント特典画像を入手でき、入館者には「データカードダスウルトラマンフュージョンファイト!バディチェンジ1弾」で遊べるイベント限定「ウルトラマンルーブ&ウルトラマンタイガ」キズナカードをプレゼントする。
 期間中は午前11時半、午後1時、2時半、4時の4回、ヒーロー握手会を実施する。休刊日は20日
 入館料は500円、2歳以下無料、時間は午前10時から午後5時まで。
 問い合わせは事務局(℡024―983―3198)まで。