大盛況のかがみいしふるさと祭り

石に見立てた断熱材を積み上げる子どもたち

 鏡石町の夏の一大イベント「かがみいしふるさと祭り2019」は4日、鏡石駅前駐車場で開かれ、子どもから大人まで多くの来場者で盛大ににぎわった。
 開会セレモニーに続いて、福島県ご当地アイドルパフォーマーマジカルバルルーンYesのバルーンショーで開幕した。子どもと熱烈なファンの声援で会場が熱気を帯び始めた。
 恒例の地元農家が丹精込めて育てた新鮮な農産物を無料配布する地場農産物の抽選コーナーは始まる前から列ができるほどの盛況だった。
 「かがみ石を盛りあげ手」は石の形をした断熱材を積み上げ高さを競い、45秒以内に大小形が違うものをバランスを考えながら積み上げ、自分の背より高く積めても崩れてしまい悲鳴をあげる子どもや入賞し商品券をゲットして大喜びの子どもたちの歓声が飛び交った。「ガリガリ君早食い大会」、「びしゃんこ綱引き」も声援を受けながら全力で楽しんでいた。
 無料のキッズスペースでは、おもちゃすくい、輪投げ、積み木で遊び、お菓子もプレゼントされたほか、大人たちは子どもたちの元気に遊ぶ姿や願いが書かれた七夕短冊飾り、鏡踊爛會のよさこい、懸賞付き盆踊り、見頃を迎えた田んぼアート「眠れる森の美女」など見て回った。