ドリームキッズでイモ掘りなど体験

野菜収穫体験などを通して友情を深める子どもたち

 須賀川青年会議所(鈴木直樹理事長)の「ドリームキッズ2019夏」は5日まで、須賀川・沖縄・神奈川県座間市・北海道長沼町の子どもたち52人が須賀川・岩瀬を舞台に防災体験やバーベキュー、キャンプファイアーなどで夏の思い出づくりを楽しんでいる。
 3日は天栄村を中心に活動し、山村開発センターで結団式を行った後、イワナつかみや水鉄砲を使ったゲームなどを楽しんだ。
 また3班に分かれてジャガイモやキュウリ、ナスなどを収穫し、カレーやサラダを作って食べた。
 文化交流会では自分たちの住む地域の行事や特産品などを発表し、それぞれの良さを理解し合った。
 4日は藤沼湖自然公園を中心に活動し、須賀川消防署鏡石分署から講師を招いた救命救急の講習会や、おもふるハートによる震災体験談、キャンプファイアーなどで絆を深めた。
 最終日の5日は午前中に福島空港を出発し、それぞれに別れを告げる。