4日まで平和のための戦争展

戦争当時の日本が分かる貴重な資料を展示している戦争展

 平和のための戦争展・岩瀬須賀川実行委員会(草野芳明代表)は4日まで「第16回平和のための戦争展」をtetteたいまつホールで開いている。
 歴史の真実を子どもたちに伝えようをテーマに、須賀川市出身の「軍国の母」五十嵐ハマさんの功績や人物紹介、遺留品展示、同会が昨年発行した冊子「地域の戦争体験を次世代に」、メッセージ、地域の戦没者名簿などを展示している。
 1日は原爆パネルの展示と学習教材DVD「核被災と核兵器禁止条約」を上映し、市民たちは「非常に勉強になった」と話していた。
 戦争展は2日が午後7時まで、3日は午前9時から午後7時まで、4日は午前9時から午後6時まで開かれている。
 3日午後1時半から、平成10年から3人の子どもと夫婦の5人で県南地区福祉施設などで慰問活動している「あったか佐川ファミリー」が平和のうたコンサートを開く。
 入館料は無料で多くの来館を呼びかけている。
 問い合わせは草野代表(℡090―5356―2132)まで。