工事現場の安全パトロール

袋田地内の市道工事現場をパトロール

 須賀川市建設業者協議会(野田忠会長)の安全パトロールは2日、袋田地内の市道道路改良工事現場など4カ所で巡り、熱中症予防や安全対策など細かくチェックした。
 労働災害防止などを目的に年計4回実施しているもので、今年度第1回目の活動となった。市担当課長やRST須賀川、協議会メンバーら約20人が参加した。
 パトロールは袋田字池ノ下地内の市道Ⅱ―2号線道路改良工事、稲地内の墓地公園整備工事、岩渕地内の稲田公民館改築事業用地造成工事、同地内の稲田学園テニスコート整備工事の4現場をパトロールし、従業員の健康管理や重機の保管状況、現場の安全確保などを細かく現場担当者から説明を受けた。
 安全パトロール参加協力者は次の通り。
▽須賀川市=岡部敬文下水道施設課長、小林一裕都市整備課長補佐▽RST須賀川=松本新太郎会長、酒井直純副会長▽須賀川市建設業者協議会=野田忠(関根建設工業所)関根秀雄(関根興業)只野政則(只野建設)田村長世(田村建設)立林智広(東北興業)名古谷享(名古谷造園緑化)西間木優子(西間木建材)西間木常美(西間木工業所)倉田昭夫(日昭造園)根本強志(根本造園)鈴木斉(橋本組)柴遼太郎(豊樹苑土木)矢吹進寿(朋友建設)