学校関係者が給食パン工程に理解

パン作りに挑戦する参加者たち

 県パン協同組合須賀川方部の新事業「パン教室」は26日、天栄村飯豊の日の出屋で開かれ、管内の学校給食関係者約10人が給食で提供されるパンの製造工程や衛生面の配慮などに理解を深めた。
 学校給食のパンが製造される現場を見て、パン作りなどを体験することで理解を深めることなどが目的。
 参加者らは服部晃社長から学校給食パンの配合割合や工程管理などの説明を受けた。生地のこね上げ温度を一定に保つことが美味しいパンを作るためには不可欠で、服部社長から説明される「職人技」に参加者らは関心を寄せていた。
 その後、生地を使ってカニやゾウ、カメなどの動物形に作り上げる様子を見学し、参加者らもパン作りに挑戦した。
 焼き上がったパンなどを食べながら、子どもたちによりよい給食を提供するための意見を交わす有意義な時間を過ごしていた。