高校体験入学がスタート

高校生の授業を体験する参加者たち

 須賀川・岩瀬管内5高校の体験入学は26日からスタートし、来春に高校受験を控える中学生らがあこがれの高校を訪問している。
 このうち須賀川高(森下陽一郎校長)では26日に体験入学が行われ、中学生約600人、保護者約200人が訪れた。
 森下校長があいさつし、生徒会役員らが歴史や伝統、雰囲気などを紹介した。
 体験授業は各教室で行われ、国語や数学、美術などのほか、表計算やビジネス入門など特徴の一つである商業の授業も体験した。
 部活動見学では運動部や文化部の活動風景の見学や部員による説明会が行われた。
 中学生らは先輩たちの姿に来春からの新生活を想像し目を輝かせながら、受験への意識を高めていた。