天栄村で非行防止研究集会

非行防止研究集会で講演する富島さん

 第69回社会を明るくする運動「非行防止研究集会」の講演は24日、約100人が出席して文化の森てんえいで開かれた。
 社会を明るくする運動天栄村推進委員会(委員長・添田勝幸天栄村長)、須賀川地区保護司会(大野修司会長)の主催。
 添田村長が「過去の過ちを更生し、つまずいても立ち上がり最前線で活躍している富島純一さんの講演ですので聴講してください」、大野会長は「天栄、鏡石、須賀川と場所を変えて行っています。非行のない地域社会を築くために、居場所や職場などで力添えをよろしくお願いします」とあいさつした。
 来賓の廣瀬和吉天栄村議会議長、渡邉一仁福島保護観察所長らが祝辞を述べた。
 講師に富島チャンプグループ代表を迎え「人はいつでも変わることができる」と題して講話を聴講した。
 36歳の富島さんは中学生途中の14歳で住み込み就職したがその間、非行に走り18歳までに2回の少年院を経て、21歳で会社を設立、平成17年から平成30年までに7つの会社を設立し代表を務めている。
 プロフィールからこれまでの経緯や実体験を活かして、変わることが出来たと話し、出席者らは熱心に耳を傾けていた。