5日に青少年人材育成海外派遣出発

 須賀川市青少年人材育成海外派遣事業出発式は8月5日午後0時40分から市役所で行われる。今年度は中高生6人が12日までオーストラリアケアンズで世界遺産見学やホームステイ、現地学校との交流などを行う。
 次代の須賀川を担う児童・生徒に優れた国際感覚を身につけてほしいと、故安藤ツヤさんの寄付を基に設立した市青少年人材育成基金を活用して平成23年度から実施、今回で9回目となる。
 今年度はこれまでコンクールや大会などで優秀な成績を修めた、岩井翔太君(須賀川二中1年)、須田菜月さん(同2年)、井上開智君(同)、大竹日菜子さん(稲田中2年)、山田莉澄さん(西袋中3年)、古川円香さん(安積高1年)が派遣生に選ばれ、6月の結団式以降、全3回の事前研修を重ねている。
 出発式は森合義衛教育長があいさつし、派遣生代表が研修に向けての決意を表明して、保護者らの見送りを受けて豪州に向けて出発する。