kurutto「夏休みの寺子屋」初開催

夏休みの寺子屋でお絵描きなど楽しむ子どもたち

 須賀川市内で活動している子育てサークル5団体で構成される須賀川市子育てサークル連絡協議会kurutto(松下あすか会長)は22日、初の独自イベント「夏休みの寺子屋」をtetteで開いた。子どもたちを見守り、勉強の仕方やアドバイス、遊び相手になり、参加した幼稚園児から小学6年生まで約50人が有意義な時間を過ごした。
 午前中は読書感想文ワークが開かれ、kokoyoriの熊田ひろみさんが講師を務め、書き方のコツなどを指導した。
 そのほか小学生は宿題や自主学習に取り組み、幼稚園児たちは同会員やともだちとお絵描きやボードゲームで遊んだ。昼はみんなでおむすびを作り楽しい時間を過ごした。
 同会は今後も定期的に子育て時期の親子のためのイベントを開いていく。8月5日午前10時から11時半まで、スターペアレンティングをtette3階で開き、ペアレント・トレーニング「叩かず、甘やかさず子育てする方法」をワークショップ形式で意見交換しながら学ぶ。参加費は無料、10組になり次第締め切る。
 kuruttoは、「地域の皆がつながって子育てをするマチにしたい。子育てに悩む親のため、子どものためにできることをしてあげたい」といきいき子育てサークル、はじまりのたね、kokoyori、須賀川助産師会、マミーズガーデンの5団体により昨年結成した。
 今年4月からtette子育て支援センターと連携し、母親をサポートする講座や毎月1回のママカフェを開いているほか、各サークルの特徴を活かし、各種イベントを展開する計画を進めている。
 申し込み・問い合わせは同協議会kuruttosukagawa@gmail.comまで。