空港ビルで女性作家の芸術作品展

国内外の女性作家の作品が並ぶ会場

 社団法人海の日芸術祭の「現代ガールズコレクション展~福島から世界へ~」は28日まで、空港ビル2、3階特設会場で開かれ、国内外の女性作家を中心とした絵画や造形作品などが展示されている。
 日本財団、県、福島空港利用促進協議会、県教委、阿武隈時報社などの後援。
 県地域創生総合支援事業の一環で、芸術の基地として福島から世界に日本文化を発信することで、県の復興や地元から次の世界水準の芸術家が生まれること、空港の利活用促進につながることなどが目的。
 「日本と台湾の国際交流、優れた女流芸術家の祭典」をテーマに、日本のプロや大学生の女流作家26人、台湾の作家8人、賛助作家9人の作品40点以上が並ぶ。
 女性らしいみずみずしい感性の作品の数々に来場者たちは足を止め、関心を寄せている。
 入場は無料。問い合わせは空港ビル(℡0247―57―1511)まで。