川田さんを牡丹観光大使に

橋本市長から牡丹観光大使に任命される川田さん

 須賀川市のtetteは20日、オープン記念事業として「絆」をテーマに「長崎・須賀川~絆~コンサート がまだせ!須賀川」をたいまつホールで開いた。メーン出演者で東日本大震災以降毎年、市内の高齢者福祉施設などで慰問・交流活動を行っている長崎県在住のミュージシャン川田金太郎さんに、橋本克也市長が牡丹観光大使に任命した。
 川田さんは震災後に「地震、津波にやられ、原発で追い出された。長生きなんてしない方が良かった」とインタビューに応えるお年寄りのコメントを聞き、「歌とトークで元気を届け励ましたい」と慰問に訪れている。 
 「勝手に観光大使」として年1回、市内で「がまだせ!須賀川チャリティライブツアー」を開いているほか、長崎でも市の復興をアピールしてきた。
 橋本市長が「歌と楽しいトークで励まされてきました。勝手に観光大使として市の様々な魅力を紹介・応援していただいていましたが、今日で正式に牡丹観光大使に任命させてもらいます。これからも長く太くつながっていくことを願っています」とこれまでの活動に感謝した。
 川田さんが長崎市長からのメッセージを読み上げ、サプライズで、師匠と仰ぐさだまさしさんからのメッセージボイスを流し、「皆さんに『おかえりなさい』『いってらっしゃい』と言ってもらい、元気を届けに来ているはずが、わたしが元気をもらっています」と話した。
 コンサートには200人を超える市民が参加し、長崎で音楽活動をしている松尾貴臣さん、上奥まいこwithチーム直坊、ごつうゆかさん、市からは藤居ジュンコさんが出演し、松明家五老介さんが司会を務めた。館内は楽しい歌と笑顔で包まれていた。