今もかがやき

No.42

やすだ みちこ安田道子さん(82)

須賀川市八幡町


嫁いで50数年商売一筋

いつも笑顔の看板お母さん

 肉&食品 「みのり」 で50数年、 看板お母さんとして働いている。 26歳で嫁いできた当時は肉専門店だったが、 現在は時代の流れに合わせて食品も取り扱っている。
 そのほか、 学校給食用の和牛、 豚、 鶏、 ラム肉などを市内4校に納めている。
 365日無休で仕事に精を出す姿に、 近所の人をはじめ固定客からの信頼を集める。
 いつでも笑顔が絶えず、 話し好きで、 「商売に向いているね」 と言われるという。
 趣味は友だちと行く月1回の食事会とカラオケ。 夜の時間帯しか出かけられないため、 「この夜の2~3時間が息抜きにもなりとっても楽しみで続けています」 と話す。
  「みのり」 は義理の親が、 稲穂が実るようにと名付けたため、 「商売が繁盛するように」 と常に気配りを忘れない。
 話す笑顔は80歳を超えたと思えないほど若々しく、 肌もきれい。 若さの秘訣は 「早寝早起きで、 朝は果物とコーヒーを飲み仕事するのよ」 とニコニコ顔で話してくれた。