14日きうり天王宵祭り

 江戸時代から260余年の歴史と伝統を誇る「きうり天王宵祭り」は14日、須賀川市南町のお仮屋を起点に開かれる。松明通りの宮先町から並木町までを歩行者天国にし、午後1時から午後10時までにぎやかに催される。
 きうり天王は三丁目町内会(会長・渡邉達雄商工会議所会頭)を中心に実行委員会を組織し、須賀川の初夏を代表する一大イベントとして、毎年市内外から6万人を超える来場者でにぎわっている。
 松明通りには152の露店が並び、たこ焼きや焼きそば、焼き鳥など定番の出店を中心に、市内町内会や学校保護者会なども出店し、商工会議所青年部は限定200食で「坦々麺風かっぱ麺」(500円)をこぷろ須賀川前で販売する。
 須賀川信用金庫本店営業部駐車場では、宮先町商店街振興組合の「まちなかライブ」が夕方からスタートし、エレキと歌声のステージで祭りを盛り上げる。
 tetteも開館時間を午後9時まで延長し、夜の円谷英二ミュージアム観覧など楽しめる。
 13日は早朝から祭りの舞台となるお仮屋が東北電力須賀川営業所前に設置され、同日夜のお迎え祭りで神輿渡御を行い、祭神の「牛頭天王(ごずてんのう)」を移す。宵祭り終了後の15日は三丁目町内の本祭りと町内安全祈願を執り行う。
 きうり天王は江戸時代に広大なキュウリ畑があった三丁目(現・南町)で疫病が流行った際に、祭神の「牛頭天王」にキュウリを供えて祭事を催したところ疫病が鎮まったことを起こりとしている。
 今でも宵祭り当日はお仮屋にキュウリ2本をお供えし、祭事委員から代わりの一本をもらって食べるとその年は病気にかからないとの言い伝えがあり、毎年多くの参拝者が夕方を中心に長蛇の列を作る。
 例年の祭りは午後6時前後からピークを迎えるが、今年は日曜日で連休の中日にもあたるため、昨年以上の盛り上がりが期待される。