育児サポート講習会が開講

子どもの心を開くためのコミュニケーションなどを学ぶ受講者たち

 須賀川市ファミリーサポートセンターの育児サポート講習会は3日、市役所で開講し、子育てに重要となるコミュニケーションの秘訣などを学んだ。
 子育て中の人やファミリーサポート預かり会員の入会希望者たちを対象に、小児科医や心理カウンセラーらを講師に迎え、育児の不安や疑問を解消し、余裕を持った子育ての方法を全11回で講習するもので、10人が受講した。
 講師の家庭教育インストラクターの吉田由美子さんが「保育の心」をテーマに講話した。
 吉田さんは「子どもの話に耳を傾ける」「親の本音を語っていく」「親子の対立があったらそれを互いに納得できるよう解決する(話し合う)」の3つが特に重要であると説明した。
 また子どもの心を開くためのポイントとして、話に耳を傾ける「聞く力」をあげ、「能動的な聞き方で子どもの言うことを繰り返す、発言を自分の言葉で言い換える、子どもの気持ちをくむことで聞き上手を目指してほしい」と話した。
 次回は10日に引き続き吉田さんが「子どものケアと援助」をテーマに講話する。