かがみいしふるさと祭りは多彩なイベント

ふるさと祭りのタイムスケジュールなど確認する委員たち

 多彩なイベントで子どもから大人まで楽しめる鏡石町の一大イベント「2019かがみいしふるさと祭り」は8月4日正午から町駅前駐車場を会場に開かれる。
 開会セレモニーのあと大道芸人マジカルバルルーンYesのステージ、午後1時から地場農産物の抽選コーナー、1時15分から「かがみ石を盛りあげ手」、2時10分からガリガリ君早食い大会、時50分から大道芸人ショー、3時半から「びしゃんこ綱引き」、5時から鏡踊爛會のよさこい演舞、5時半から懸賞付き盆踊りを催す。
 「かがみい石を盛り上げ手」は高校生以下を対象に、基準となる牛乳缶の重さに近い石を持った順に1位2000円、2位1000円、3位500円、4から6位300円、早食い大会は小学生を対象に1位2000円、2位1000円、3位500円の商品券が贈られる。
 「綱引き」は3人1組でトーナメント方式で競う。1位6000円、2位3000円、3位1500円の商品券が贈られる。
 商品券は100円券で配布し、当日のみ出店で使用できる。出店は午前11時から午後8時半まで。
 駅前周辺には子どもたちがいつでも楽しめるキッズスペースや七夕短冊飾りを設け、ふるさと祭りスタンプラリー、田んぼアート!眠れる森の美女見学も予定している。
 スタンプラリーは、対象となる「かがみ石を盛りあげ手」とガリガリ君早食い大会、びしゃんこ綱引き大会、懸賞付き盆踊り、田んぼアート!に参加してスタンプを4つ以上集めると抽選で豪華景品が当たる。
 第2回ふるさと祭り実行委員会(奈須昌彦委員長)が3日、町コミュニティセンターで開かれた。 
 奈須会長があいさつし、イベント内容やタイムテーブル、役割分担など協議した。