慰霊碑建立実行委が映画上映と講演会

東日本大震災について語る大和田さん

 須賀川市長沼地区の藤沼湖決壊の被災状況や復興を後世に伝え、犠牲者が地域でともに生きた証を刻み、地域防災の拠点とする慰霊碑の建立を計画している慰霊碑建立実行委員会(柏村國博委員長)は地域防災意識の高揚を図るため29日、浪江町消防団物語「無念」の上映会と、フリーアナウンサー大和田新さんの講演会を長沼公民館で開いた。
 須賀川市の後援、長沼地区明るいまちづくりの会、大震災と藤沼湖の記憶をつなぐつどいの共催。
 柏村委員長は「正しい事実を後世に伝えていくのが責務である。そのため慰霊碑を建立します。建立に関わり自分たちが作ったという気持ちをもってもらいたいので、たくさんの人に寄付をしていただきたい」とあいさつした。
 大和田さんが「伝えることの大切さ、伝わることの素晴らしさ」をテーマに「福島には人が住んでいない、子どもは皆奇形児、水は飲めないと未だに誤解している外国人がいる。東日本大震災は、東日本津波原発事故大震災と伝えていくべきだ」と話した。
 アニメーション映画「無念」を上映し、来場者たちは浪江町で起きたこと、これから何を備えるべきかを学んだ。