喫煙所は市庁舎の北側屋外に移動

市役所庁舎北側に設けられた喫煙所

 須賀川市は1日から喫煙所を北側駐車場近くの屋外に移動した。受動喫煙防止などを盛り込んだ改正健康増進法の一部適用を受けての取り組みで、学校・病院・行政機関などの敷地内禁煙が義務付けられている。
 喫煙所は庁舎北側の軒下に灰皿を置き、区画をテープで仕切ってスペースを確保し、「喫煙所」を示す看板も設置された。屋外スペースで定期的に一定のビル風が吹き抜けるため受動喫煙の心配は低いものと見られる。
 先月末まで利用出来ていた、4階と1階に合った従来の喫煙スペースは撤去され、今後の利用方法などについて現在検討している。
 屋外喫煙所には東側入り口を出て駐輪場を経由して庁舎北側に向かう。庁舎内には特別な案内看板などを新設する予定は無い。
 なお屋外に灰皿と喫煙スペースを設けたことで、庁舎敷地外への吸い殻ポイ捨てなど近隣住民に迷惑をかけないよう職員と来庁者への理解と協力を求めていく。