市文化センターは令和3年3月まで休館

令和3年3月まで休館の市文化センター

 須賀川市民の文化の殿堂として親しまれてきた市文化センターは、耐震補強工事のため7月から令和3年3月まで約1年半にわたり全館休館する。
 長期間の休館は昭和56年5月の落成以来初めてで、練習や定期演奏会などで利用する各団体はtetteなどに場所を移して活動する予定。
 工事では耐震構造を強化するほか、座席はこれまでより左右にゆとりを持ったものに変更する。それに伴い若干座席数が減るが、1070席を確保する予定。
 またトイレはウオシュレット付きの洋式トイレとなり、公演の際などに混雑が予想される女性用は数を増やす。
 工事完了以降の使用申請は来年4月から受け付ける。