7月から横断歩行者妨害摘発強化日

 県警本部は7月から毎月1日の「交通事故ゼロの日・歩行者優先の日」と15日の「シルバー交通安全の日」を「横断歩行者妨害摘発強化日」に設定し、全署で違反者の摘発を徹底する。
 県警は横断歩行者等保護活動(歩行者ファースト活動)を推進しているが、横断歩道で歩行者がはねられる事故が後を絶たないことから、横断歩行者等妨害違反の摘発を強化し、運転者の歩行者保護意識の欠如を正す。
 須賀川署では1日午前10時から交通指導取締及び広報啓発活動の出動式を同署で行い、「須賀川から はじめよう 歩行者ファースト」のスローガンのもと、横断歩道に歩行者がいるときの通行車両の停止の徹底を図る。