牡丹園保勝会の新理事長に柳沼氏選任

理事長選任など協議した理事会

 須賀川牡丹園保勝会の理事会・評議員会は26日、牡丹会館で開かれ、任期満了に伴い理事を改選し、新理事長に柳沼直三氏(前市教育長)、業務執行理事に安藤基寛副市長を選任した。
 理事長選任について昭和57年から現在も理事を、平成18年から13年にわたり理事長を務めた栁沼勝馬理事を推薦する声が挙がったが、「推薦をいただいてありがたいのですが、個人の体調面がすぐれず若い世代に譲り、理事としてアドバイスしていきたい」と本人が辞退し、柳沼氏を後任として推薦した。
 柳沼氏は平成15年から牡丹園保勝会事務局の市商工観光課長、22年から市産業部長と評議員を務め、昨年9月の任期満了を持って市教育長を2期6年で退任した。

柳沼直三氏

 柳沼新理事長の選任は全会一致で承認され、「250有余年の歴史を持つ牡丹園の理事長に選ばれ身の引き締まる思いです。国指定名勝である牡丹園を市の宝として後世にしっかりと引き継ぐため重責を果たしてまいります」とあいさつした。
 評議員会は昨年度各種報告、理事選任、理事会は理事長・業務執行理事選任について協議した。
 理事は次の通り。
▽理事長=柳沼直三▽業務執行理事=安藤基寛▽理事=栁沼勝馬、栁沼陸也、有我重房、横山大哲、深谷幸弘、深谷哲雄、加藤敏彦、溝井正男、松本恵美子、鈴木伸生