真夏の球宴・7月9日から参加チーム募集

多くの育成会が参加した24日夜のソフトバレー体験会

 須賀川市内小中学生たちの真夏の球宴、第66回夏季少年健全育成球技大会は7月27、28の両日、市民スポーツ広場で小学生ソフトボールなど4種目と、ソフトバレーボールのデモンストレーション競技が行われる。参加チーム申し込みは7月9日から16日まで、市生涯学習スポーツ課内の事務局で受け付ける。
 夏休み期間中の子どもたちの健全育成と子ども会相互の親ぼくを図る目的で毎年実施している。
 小学生は市民スポーツ広場でソフトボール、中央体育館でミニバスケットボール、中学生は牡丹台球場で野球、須賀川一中体育館でバレーボールを行う。
 参加費は1チーム2000円。各子供育成会で取りまとめ、申込用紙に必要事項を記入して市生涯学習スポーツ課まで。抽選会は20日午後6時から市役所で予定している。
 大会を主催する子ども会育成連絡協議会は昨年から少子化に伴う参加チーム減少と規模縮小に歯止めをかけるべく活動し、今年から新種目であるソフトバレーボールをデモンストレーション競技として取り入れる。
 ソフトバレーボールは小学5年生から中学3年生までと高校生以上(保護者含む)でチームを組み、最大9人(監督兼任の場合は8人)で編成する。
 競技は4人制のラリーポイントゲームで、ファミリー男女混合の部として実施する。4月から毎月第2・第4月曜日に須賀川三中で体験会を開いており、バレーボール協会メンバーがルール説明や競技のポイントなど指導にあたっている。
 コートはバドミントンダブルスのものを使用し、ネットの高さは2㍍。柔らかいゴム製のボールを使うため、小さな子どもでもケガの心配なく楽しめる。
 競技中のコート内には必ず2人以上の子どもが入らなくてはならない。
 チームは同一町内にこだわることなく、複数の家族や友達同士など、育成会の枠を超えて誰でも気軽に組んで参加できる。
 参加費はソフトボールなど従来の競技の半額にあたる1チーム1000円。申し込みと抽選会の日程は同じ。
 ソフトバレーボール体験会は7月10日と24日も午後7時から須賀川三中体育館で実施する。問い合わせは市生涯学習スポーツ課(℡88―9173)か佐藤良子バレーボール協会長(℡090―7973―3578)まで。