8月15日「よさこい・盆踊り大会」

 須賀川市観光物産振興協会(会長・渡邉達雄商工会議所会頭)など主催、阿武隈時報社など後援の、「市民よさこい・盆踊り大会」は、今年も8月15日にtette前の松明通りで開かれる。参加団体を7月12日まで募集し、盆踊り出場団体には市長賞「あんたらが大賞」など各賞を用意している。
 お盆の中日にまちなかで恒例となったイベントを催し、市民相互の親ぼくと交流を図るとともに、にぎわい創出を目的に毎年実施している。平成最後となった昨年度は雷雨のため一時中断をはさむなどしたが、よさこい8団体、盆踊り17団体と飛び入りの市民らが出演し、沿道には市民ら約2000人が見物に訪れ大いに盛り上がった。
 昨年の「あんたらが大賞」は商工会議所女性会が輝いた。
 よさこい踊りは午後6時から、盆踊り大会は午後7時からスタートする。個人の飛び入り出場に参加規程は無いが、団体は市内在住または事業所に勤務する人で15人以上のグループを組み、衣装などは原則そろいのものとする。
 盆踊り参加団体を対象に審査を行い、あんたらが大賞(須賀川市長賞)3万円、特別参加賞(須賀川舞踊協会)2万円、がんばったで賞1万5000円を贈る。よさこい出場団体には参加賞5000円を、盆踊り個人賞ウルトラマン賞なども用意している。
 イベント中の松明通りは交通規制を行い、提灯やぼんぼりでライトアップする。舞台は東邦銀行須賀川支店前に設置し、須賀川合同民謡会が歌とお囃子を担当する。
 大会本部と警備本部はtette東側入り口近くのたいまつ広場に設置される。当日は須賀川署や市少年補導員、市交通教育専門員、須賀川青年会議所、商工会議所青年部らが会場・交通整理、警備などに協力する。
 問い合わせは市観光交流課内の事務局(℡88―9144)まで。