29日映画上映と大和田さん講演

 須賀川市の藤沼湖決壊の被災状況や復興を後世に伝え、犠牲者が地域でともに生きた証を刻み、地域防災の拠点とする慰霊碑の建立を計画している慰霊碑建立実行委員会(柏村國博委員長)は地域防災意識の高揚を図るため29日午後5時から浪江町消防団物語「無念」の上映会とフリーアナウンサー大和田新さんの講演会を長沼公民館で開く。
 須賀川市の後援、長沼地区明るいまちづくりの会、大震災と藤沼湖の記憶をつなぐつどいの共催。
 アニメーション映画「無念」は、東日本大震災で大きな被害を受けた浪江町の消防団員の証言とほかの被災地での物語が加えられ、何を備えるべきか、あるがままを伝える。
 大和田さんは神奈川県横須賀市出身、ラジオ福島のラジオ長屋や開口一番夢一番などを担当している。震災からの記録を「大和田ノート」として出版し、全国の地方新聞社が加盟する「ふるさと自費出版大賞」で優秀賞を受賞した。「伝えることの大切さ、伝わることの素晴らしさ」をテーマに講話する。
 前売り券は1000円、中学生以下無料。定員150人になり次第締め切る。
 売り上げは慰霊碑建立資金として全額寄付する。
 問い合わせは明るいまちづくりの会(℡67―2474)まで。