今もかがやき

No.41

いわた えつじろう岩田悦次郎さん(84)

須賀川棋友会会長 須賀川市栗谷沢


囲碁を楽しみ続け54年

世界平和の思い今も

 昭和40年から市内の碁会所に通い始めて今年で54年。 「ずいぶん白いの黒いのと楽しんできたよね」 と振り返る。 同じ相手と1000回以上打っても決して同じ碁になったことが無い、 そこがまた囲碁の魅力と話す。
 普段は温厚な笑みを浮かべた印象が強いが、 碁盤を前にすると鋭い視線で盤上を静かに見つめる。 相手の手を読むのか、 時折り素早く視線が動き、 深く静かな集中力が見て取れた。  
 3月から碁会所は老人憩の家に移ったが、 週4日は仲間と一緒に楽しい時間を過ごす。
 今春まで須賀川地方ユネスコ協会長を約10年務めた。 東日本大震災などを経て、 管内で4校がユネスコスクールの認定を受けたことが何よりの喜び。
 毎年7月の 「平和の鐘を鳴らそう」 では、 自身の戦争体験を中学生たちに話し、 平和の尊さと大切さを伝えてきた。 世界平和の思いがさらに広がることを願っている。
 今の楽しみは晩酌に飲む焼酎。 コメやムギのお湯割りが今のお気に入りとのこと。