須賀川信金から須賀川RCへエコキャップ

須賀川RCにエコキャップを寄贈した須賀川信金

 須賀川信用金庫(加藤敏彦理事長)は17日、社会貢献活動として全14支店で集めたエコキャップ約1・5㌧を須賀川ロータリークラブ(吉田大二会長)に寄贈した。今年は多くの協力があり、過去5年で最も多い量の贈呈となった。
 6月15日の「信用金庫の日」に合わせた社会貢献活動として、利用者に協力を呼びかけるなどして毎年集めている。
 須賀川ロータリークラブは国際ロータリー活動の一環として、キャップの回収益により世界の子どもたちにワクチンを届ける事業を進めている。
 伊藤平男常勤理事から吉田会長にエコキャップ、クラブから感謝状が贈られた。
 今年は同日にNPO法人ひまわり福祉会(小針一夫理事長)からも信金に190㌔のエコキャップ寄贈があり、合わせてロータリークラブに贈った。