東邦銀行が須賀川東ミニバススポ少に10万円

藤島支店長から交付書を受ける佐藤君と矢内団長

 東邦銀行教育・文化財団の助成金贈呈式は17日、須賀川支店で行われ、須賀川東ミニバスケットボールスポーツ少年団に第9回たかしカップの助成金として10万円が贈られた。
 同財団は県内で活動する文化・スポーツ団体を支援することで地域文化の創造及び地域住民の健康を目的に、平成5年に設立された。
 須賀川東ミニバスケットボールスポーツ少年団は鈴木孝名誉監督の活躍を継承し、少年の親睦と交流を深め、技術向上と普及発展・健全育成を図ることを目的に大会を毎年行っており、今月1、2の両日に須賀川アリーナなどで行われた第9回大会には男子30チーム、女子12チームが出場し、練習成果を競った。
 贈呈式は藤島正智支店長が矢内秋良団長とキャプテンの佐藤伊吹君(柏城小6年)に交付書を手渡した。
 藤島支店長は「心身ともに健全な子どもたちの育成に役立ててほしい」、矢内団長は「助成をいただくのは今回で3回目となるが、効果的に使わせていただいている」とそれぞれ述べた。