15日から小中学生の牡丹絵画展

 須賀川牡丹園保勝会が市内の小中学生が牡丹を描いた作品を展示する「第18回牡丹絵画展」は15日から牡丹会館で開かれる。
 須賀川が全国に誇る牡丹を描いた作品を市内小中学生から募集したもので、今年は小学生677点、中学生396点の計1073点の応募があり、14日午後3時から審査会を予定している。
 最高賞の理事長賞はじめ各賞が贈られ、上位入賞者は来シーズンの牡丹園市民券図柄に選ばれる。