スポーツカレッジが開講

各種測定で身体の状況を知る受講者

 須賀川市スポーツ振興協会のスポーツカレッジ開講式は7日、須賀川アリーナで開かれ、第32期生14人が今年度の活動をスタートさせた。
 スポーツを通じた余暇活動の充実と健康の保持増進、参加者間の交流促進、生きがいのある生活習慣の創造とシニアスポーツリーダーの育成を図り、今年は10月24日まで全17講座でニュースポーツ体験や健康づくり体操などを楽しむ。
 第1回講座は開講式とオリエンテーションに続き健康管理講座を開き、握力や身長、体重などを測定し、現在の身体の状況を知り、今後の活動の目標をそれぞれ立てた。
 市保健師の健康相談もあり、参加者らは仲間とともにこれから取り組む新しいスポーツ体験に胸を膨らませている様子だった。