9日に恒例の芭蕉まつり

 須賀川市本町商店会(水落行男会長)の第15回芭蕉まつりは、9日午前9時から結の辻をメーン会場に金魚すくいなど各種出店や芭蕉くんと遊ぼう!コーナーなど盛りだくさんの多彩なイベントが繰り広げられる。同日は本町・馬町エリアで第41回Rojimaも同時開催される。
 本町地内は江戸時代を代表する俳句集「おくのほそ道」の作者、俳聖松尾芭蕉が7泊8日滞在した地として今も有名で、芭蕉と親交があり宿場町の駅長でもあった相楽等躬宅があった。
 芭蕉一行は陽暦6月9日に須賀川入りしたと伝えられ、等躬をはじめ地元の俳人との俳会や名所旧跡を訪ねた。
 本町商店会では毎年、町内会や桔槹吟社の協力を得て、芭蕉が須賀川に滞在した時期に合わせて「芭蕉まつり」を開き、俳句のまちすかがわと南部地区のPRに努めている。
 結の辻では午前10時からオープニングセレモニーのあと、芭蕉まつりが始まり、同10時半から本格的お茶と和菓子を楽しめる野点、飲食コーナー、俳句大会、各種出店コーナー(金魚すくい、水風船すくい、射的、綿あめなど)が楽しめる。イベントは一部有料。
 ほかにも午前11時から芭蕉くんと遊ぼう!、午後2時20分から無料の大ビンゴ大会などを企画している。
 芭蕉記念館では松尾芭蕉来訪330年企画として「おくのほそ道」をテーマにした版画作品や記念切手などを展示しているほか、昔遊びなども楽しめる。
 なお駐車場は市役所が無料(午前10時から午後3時まで)で利用できる。
 各会場イベントとタイムスケジュールは次の通り。
◇結の辻▽午前10時~=オープニングセレモニー▽同10時半~=午後3時=野点(1回100円、和菓子付き)、飲食コーナー、俳句大会(優秀句には商品券プレゼント)、各種出店コーナー(1回100円、金魚すくい、水風船救い、射的、綿あめ、竹とんぼ、けん玉、片抜き)▽午前11時~=芭蕉くんと遊ぼう!(輪投げ、さいころゲーム)▽正午~=パコパコ競争▽午後1時半~=紙飛行機飛ばし大会(景品あり)▽午後2時20分~=大ビンゴ大会
◇芭蕉記念館▽午前10時~午後4時=昔遊び(おはじき、お手玉、だるま落としなど)、芭蕉さんとあそぼう!(クイズを解きながら芭蕉や俳句を学ぶ)
◇本町・馬町エリア▽午前10時~午後4時=第41回Rojima