5日に市青少年人材育成海外派遣の結団式

 須賀川市青少年人材育成海外派遣事業結団式は、5日午後6時半から市役所で行われる。今年度は8月5日から12日まで、オーストラリアケアンズに中学生と高校生計6人を派遣する。
 海外派遣事業は故安藤ツヤさんの寄付を基に設立した基金を活用し、子どもたちが直接、外国の社会・文化・自然などにふれ、体験的な学習を通して国際理解を深め、優れた国際感覚を見に付けることで将来の須賀川を担う人材育成を図ることが目的。
 前年度の文芸・音楽・体育などの大会やコンクールで派遣基準を満たす成績を修めた児童生徒が研修生に選ばれ、今年度は中学生5人(男子2人、女子3人)、高校生1人(女子1人)が渡豪する。
 一行は8月5日に須賀川を出発し、オーストラリアケアンズ市内見学、世界遺産キュランダやグリーン島観光、地元学校との交流、2泊のホームステイなどを体験し、12日深夜に須賀川着を予定している。
 結団式は派遣生や保護者、森合義衛教育長らが出席し、研修に向けての意気込みや学びたいことなどをそれぞれ発表する。