飲食店組合10月に100周年記念大会

100周年記念大会など確認した総会

 今年で創立100周年を迎えた須賀川飲食店組合(只野誠一郎組合長)の定時総会は28日、会員ら約20人が出席して割烹万松で開かれ、10月1日にtetteで開く「100周年記念大会」などについて確認した。
 只野組合長は「100周年記念大会まであと126日とカウントダウンされ、いよいよ佳境に入ってまいりました。気を緩めることなく、記憶に残るような大会にしたいと考えておりますので、さらなるご協力とご支援をお願いします」とあいさつした。
 議事は昨年度各種報告、今年度事業計画などについて協議した。
 今年度は創立100周年記念大会と記念事業をメーンに、毎年好評のスタンプラリー、親ぼく旅行、食品衛生指導員による巡回指導、非行防止活動や暴排パトロール隊への協力などを計画している。
 100周年記念事業は「温故知新100th」をテーマに、記念大会、記念誌発行、スタンプラリー実施、のぼり作成、記念品配布を実施する。のぼり旗は作成して各加盟店で掲示された。
 記念大会は10月1日にtetteで開き、福島出身で分とく山総料理長の野崎洋光さんを迎えた記念講演会を正午から催す。
 記念式典は午後5時半からホテルサンルート須賀川で開き、来賓に橋本克也市長らを迎える。アトラクションは奥州須賀川松明太鼓、楽しみ大抽選会、フラダンスなどを予定している。