熱中症で3人救急搬送

 全国的に高気圧に覆われ、各地で記録的な猛暑となった25、26の両日、須賀川地方広域消防本部によると管内では25日に1人、26日に2人が熱中症のため救急搬送された。
 25日は最高気温31・5度となり、80歳代の女性が、26日は最高気温34・4度まで上がり50歳代と70歳代の女性が熱中症で運ばれた。
 気象庁によると引き続き高気圧が県内を覆っており、適度な水分補給など熱中症対策が求められている。