岩瀬農業高生らが田んぼアート測量

田んぼアート田植え祭に向けて測量する岩農生たち

 岩瀬農業高(渡辺譲治校長)の環境工学科測量班の3年生約10人と鏡石建設業協同組合(測量士)は24日、鏡石図書館北側の田んぼアート会場で図柄測量作業をスタートさせ、26日の田植え祭り当日に向けて準備を進めている。
 今年の田んぼアートは70㌃の田んぼに、イラストレーターの湖川友謙さんがデザインした「眠れる森の美女」を9種類6色のイネで表現する。
 生徒たちは測量器やメジャーを駆使して慎重に作業にあたり汗を流していた。
 田んぼアート実行委員会は26日午前9時から行う田植えイベントへの当日参加も歓迎している。