ふくしまの酒楽しもう

 ホテルサンルート須賀川の第2回「ふくしま酒の会」は6月21、22の両日、同館宴会場「牡丹」に県内13蔵元の名酒が勢ぞろいして開かれる。立食スタイルで定員はそれぞれ170人。前売り券は1人3500円(当日500円増し)。
 今年の全国新酒鑑評会で金賞を受賞した天栄村の松崎酒造と寿々乃井酒造店をはじめ、榮川酒造(磐梯町)、ほまれ酒造(喜多方市)、有賀醸造(白河市)、千駒酒造(同)、豊國酒造(古殿町)、金水晶酒造店(福島市)、笹の川酒造(郡山市)、末廣酒造(会津若松市)、大谷忠吉本店(白河市)、奥の松酒造(二本松市)、渡辺酒造本店(郡山市)が参加する。
 日頃なかなか会えない蔵元と交流できる場を提供し、各蔵提供の日本酒が当たる抽選会も行う。
 前売り券はホテルサンルート須賀川(℡76―3333)、内藤酒店(℡73―3004)で販売している。