交通事故死ゼロキャンペーンを展開

買い物客に交通事故ゼロを呼びかける関係者たち

 須賀川地区交通関係団体は20日の「交通事故死ゼロを目指す日」に合わせて、リオンドール須賀川東店前東部環状線で街頭キャンペーンを行い、シートベルトの着用や運転中の携帯電話の不使用を訴えるハンドプレートを掲げ、ドライバーに交通ルールの厳守を訴えた。
 「交通事故死ゼロを目指す日」は、中央交通対策協議会が主唱する国民運動で、今年は春の全国交通安全運動が11日から20日までだったため、最終日に行われた。
 地区推進協議会交通安全活動推進委員、地区交通安全協会、交通安全母の会、市交通対策協議会、須賀川署員ら約30人が参加協力し、交通標語の手作り手持ち看板、ハンドプレートを掲げて通行車両の運転者に事故防止を呼びかけた。
 その後、リオンドール須賀川東店の入り口で啓発チラシや反射材を配布し、買い物客らに理解と協力を求めた。