大桑原つつじ園シャクヤクが見頃に

シャクヤクが見頃を迎えている大桑原つつじ園

 須賀川市の観光名勝「大桑原つつじ園」(渡辺久記社長)は20日、約2万平方㍍におよぶ大庭園にシャクヤクが見頃を迎え、多くの来場者でにぎわっている。
 シャクヤク園には3000株5万本が色とりどりに咲き誇り、訪れる客らがのんびりと散策を楽しんでいる。
 濃いピンクや淡いピンク色の「コーラルキング」「花香殿」、赤色の「アメリカ」「レッドチャーム」、白色の「レイウェン」「白雪」など色鮮やかなシャクヤクや遅咲きの西洋シャクナゲなども咲き、来場者らは一面に広がる見事な光景をバックに記念撮影をする光景も見られた。
 なおツツジ、シャクヤク、カルミヤ、キングサリー、紅ドウザン、ハナミズキなどの苗木直売も行っている。
 時間は午前8時頃から午後6時頃まで。入園料は大人600円(小学生以下は無料)。問い合わせは同園(℡76―5857)まで。