須賀川牡丹園入園4万人目を達成

記念の4万人目となった梅津さん一家

 須賀川牡丹園は今シーズンの有料開園最終日の19日、入園4万人を達成した。記念の4万人目には栃木県那須塩原市の梅津忠昭さん(52・会社員)が家族で入園した。
 今年の牡丹園は春の大型連休中に牡丹樹の見頃が重なり、特に5月に入ってからの後半時期に多くの来園者が県内外からあった。
 市民団体らによるステージ発表も好評で、大輪の牡丹をはじめフジやシバザクラなども人気を集めた。
 記念の4万人前後賞となる3万9999人目は蔵野真由美さん(50)=福島市南沢=、4万1人目は斎藤嘉代さん(63)=福島市飯野町=で、薄井ピンクの花がかわいらしい、牡丹樹(鎌田藤)の鉢花が栁沼勝馬保勝会理事長からプレゼントされた。
 なお牡丹園は今シーズンから牡丹樹と文化財保護のため夕方5時から翌朝8時半まで閉門する。以前から牡丹樹の盗難、犬の排泄物によるフン害、コケや絶滅危惧種の盗難など問題になっていたためで、市民の理解と協力を求めている。