ながぬまさくらフォトコンテスト審査会

最優秀賞の緑川さんの作品

 長沼観光物産振興協会(赤羽隆会長)の第7回ながぬまさくらフォトコンテスト審査会は13日、長沼保健センターで開かれ、最優秀賞に緑川知幸さん(須賀川市)の「永泉寺のシダレザクラ」、阿武隈時報社賞に吉田政孝さん(鏡石町)の「長沼城址のサクラ」が選ばれた。
 長沼地域の護真寺、古舘、長楽寺、岩崎山史跡公園、横田陣屋御殿、兎内、長沼城址、永泉寺、藤沼湖の各サクラを撮影した作品が35人(昨年比1人増)から85点(13点増)が寄せられた。
 赤羽会長は「甲乙つけがたい作品が集まりました。慎重審査よろしくお願いします」とあいさつし、審査員10人で入賞14作品を選んだ。表彰式は6月2日に同センターで行われる。
 今回は岩手県からの出品者に対して、特別賞として藤沼温泉やまゆり荘入浴券など贈呈する。
 作品は同センター内に展示されており、長沼ショッピングパークアスクなどでも展示される。受賞作品は観光宣伝の素材として活用される。
 入賞者は次の通り。
▽最優秀賞=緑川知幸(須賀川市)▽優秀賞=十文字国勝(同)、大島市郎(会津若松市)、永野喜世子(白河市)、氏家勝治(二本松市)、熊田行雄(鏡石町)、池上和夫(郡山市)、鈴木浩二(須賀川市)、坂本禮三(福島市)、近藤広章(白河市)▽福島民報社賞=志岐真紀(郡山市)▽福島民友新聞社賞=佐藤俊子(須賀川市)▽マメタイムス社賞=田辺みさ子▽阿武隈時報社賞=吉田政孝