キュウリ担い手募集し育成へ

 須賀川市は主力作物である岩瀬キュウリの産地維持を図るため、新規就農者を育成し、担い手確保を図る研修制度を実施する。6月14日まで研修生を募集している。
 就農意欲のある研修生を市農業公社の臨時職員として雇用し、就農初期の技術習得のために現場での実践的な研修を行う。
 18歳から45歳未満で研修終了後に市に住みキュウリ農家として就農出来る人が対象、6月下旬に面接し、7月1日から来年3月31日まで研修期間を設ける。
 研修生は農業公社が行う定植・肥培管理・収穫をはじめ農産加工や販売、キュウリを栽培する認定農業者による実地研修などを受ける。
 農業公社の臨時職員として雇用され、給与は日額6700円、通勤手当は月額最大1万2000円。そのほか勤務条件や待遇は同社雇用契約による。
 なお研修申込書は市ホームページからもダウンロードできる。
 問い合わせは市農政課(℡88―9183)まで。