10月6日にONSEN・ガストロノミー

第2回イベントの実施日程などを確認

 須賀川市内の温泉と美食を楽しんだ「ONSEN・ガストロノミーウオーキングinすかがわ&福島空港」実行委員会は10日、市役所で開かれ、第2回イベントは10月6日に決定した。
 温泉に食や文化・観光資源など地域の魅力を組み合わせた市内周遊ウオークイベント。第1回は3月3日に実施し、市内外から272人が参加した。翠ケ丘公園や市役所、tette、釈迦堂川河川敷などチェックポイントで地元名物をふるまい、ひばり温泉や藤沼温泉やまゆり荘などを半数以上の参加者が利用した。
 第2回ガストロノミーウオーキングは10月6日に開き、福島空港をスタートゴールに市内を周遊するコースで行う。距離は6~8㌔程度を予定し、地元産食材を使った料理、お酒やソフトドリンクなど7品程度を提供する。全てのポイントを通過するとフルコースを食べられるイメージで準備する。
 市内周遊コースは須賀川の自然・文化・歴史を体験できるコーナーを設け、定員は300人、7月下旬から9月下旬までの参加募集を予定している。
 実行委員長の鈴木伸生市産業部長は270人を超える第1回イベントへの参加と各種団体の協力に感謝し「須賀川のPRと魅力を発信でき、皆さんに大いに喜んでいただけました。第2回も成功に向けて皆さんのご理解とご協力をお願いします」とあいさつした。
 協議は3月の第1回イベントの結果報告、第2回イベント開催日程など意見交換した。