ぼたん児童クラブ館は須三小校舎内に移転

須賀川三小の校舎内に移転したぼたん児童クラブ館

 ぼたん児童クラブ館の移転式は7日、須賀川三小の花王ホールで行われた。
 高橋勇治市教育部長が「移動がないため交通事故は無いと思いますが、新しい友だちと安全に過ごしてください」、西間木千恵子館長は「話をきちんと聞く、駐車場が広いので事故に気をつけて、楽しく遊んで学んでください」とあいさつした。
 来賓の須田元大校長が「学校内で過ごすことが出来るようになりました。先生たちの話を聞いて過ごしてください」と話し、児童代表の横山鈴乃さん(3年)と斎藤高志君(同)が「三小の規則を守り、児童館のルールを守ります」と抱負を述べた。
 同クラブ館は東作地内の児童クラブ館が老朽化や学校から離れているため事故防止などの理由で、須賀川三小の空き教室3部屋を使い、1年生から5年生の児童97人が入館した。