宇津峰山開きに1000人

青空の下、山頂を目指す多くの家族や愛好者たち

 須賀川市塩田、宇津峰山(標高677㍍)の山開きは昭和の日の29日に行われ、約1000人の家族連れや愛好者が新緑の登山を楽しんだ。
 須賀川観光協会、塩田区、須賀川市の主催、小塩江体育振興会、市消防団第6分団、NPO法人はばたけ21夢飛行の協賛。
 開会式は午前9時半から、登山口清水駐車場で行われ、橋本克也市長が「素晴らしい天候の中、市内外からの参加ありがとうございます。宇津峰山は市歌や校歌にも使われ愛され親しまれています。新たな令和となっても、愛される山であるよう努力してまいりたいと思います」とあいさつした。
 シーズンの無事を願って、蟇目鹿島神社の橋本左近禰宜が安全祈願し、橋本市長、塩田静生塩田区長、岡田充生市観光交流課長、大河内和彦市議、登山一番乗りした市内の熊谷国治さん5人とムササビげんきくん、ボータンがテープカットし、山開きを祝った。
 参加者らは、主催者側が準備したつえを手に、ウグイスなど野鳥の声が響く自然を満喫しながら、自分のペースで山頂を目指した。
 山頂で山開きの神事安全祈願祭、御神楽太鼓、牡丹の鉢植え(10鉢)の抽選会、餅まきなどが行われ、こかげ広場では、おでんやとん汁などが無料サービスされた。