警察署協議会委員10人に辞令

出席者に協力を呼びかける横山会長

 須賀川警察署協議会は25日、同署で開かれ、森岡幸江県公安委員長が委員10人に辞令を交付した。会長は横山敦さん(森宿)、副会長は小林勇雄さん(鏡石町)を互選した。
 同協議会は平成13年に設置され、地域住民の代表となる委員が警察署と意見を交わし、警察署の業務運営に民意を反映させ官民一体でよりよいあり方を目指すもの。
 森岡委員長は委員の役割を説明し「今後も一層の理解を深め、地域と警察の架け橋として声を届けてほしい」、井上俊彦署長は「管内の安心・安全を守るには地域の声を的確に反映させることが不可欠なため、ご協力をよろしくお願いします」とあいさつした。
 横山会長は「新任委員も声を届けやすいいいふん囲気をつくって、運営に協力していきたい」と述べた。
 各課長が業務概要を説明し、委員らは警察の職務に理解を深めた。
 委員は次の通り。
▽3期=横山敦(森宿、会長)小針恵美子(天栄)関根栄治(狸森)大槻次男(和田)遠藤秀樹(桜岡)石山晃司(茶畑)▽2期=小林勇雄(鏡石、副会長)板橋友子(鏡石)▽1期=村上光宏(矢沢)網藤初子(千日堂)