須賀川市初のシェアサイクル開始

シェアサイクルを試乗する光本さん

 須賀川市中心市街地活性化協議会は26日、市内6カ所で自転車を貸し出す「シェアサイクル」運営事業を開始した。電動アシスト付自転車20台が有料で利用できる。
 事業概要説明会がtette駐輪場で開かれ、市民らが施錠の仕方など利用方法の説明を受け、試乗した光本あゆみさん(34)は「乗り心地が良く、坂が多い須賀川市には電動アシスト機能がついているのは助かります。行きたいところにまちなかを散策しながらサイクリング感覚で行けるのは楽しみ」と話した。
 利用方法はスマートフォンに専用アプリのCOGICOGI SMART!をダウンロードし、アカウント登録する。解錠方法は自転車のそばでホーム画面の借りるボタンを押し、選んだ自転車の番号を選択するとロック解除ができる。ポートに返すときは施錠し、アプリ画面で返却を押す。
 シェア自転車は24時間利用可能で、料金は15分60円(15分毎加算)か12時間1500円(以降1時間ごとに100円)で利用できる。
 借りた場所以外でも市内6カ所の拠点どこでも返却できる。市の導入は県内で初。
 こぷろ須賀川が運営主体となり、拠点は須賀川駅、ミニストップ上北町店、宮の辻、tette、市役所、結の辻に設けている。
 問い合わせはsupport@cogicogi.Jpまで。