24日まで街かど発表会

1年の活動を振り返り紹介する街かど発表会

 須賀川知る古会(影山章子会長)の第10回街かど発表会は24日まで、市民交流センターでんぜんホールで開かれている。21日は午後1時から講演会、午後3時から毎年人気の牡丹しるこを先着150人に振る舞う。
 昨年度の活動を写真パネルや映像などで振り返り紹介するもので、朝日稲荷神社境内での「神楽殿寺子屋」、須賀川の文化財や魅力を紹介する「私たちの須賀川見つけ隊」、須賀川一小6年生との「須賀川を調べ隊」壁新聞や須賀川二小6年生「ふるさと探検隊」発表会映像上映などを展示・紹介している。
 21日午後1時から郷土史家の永山祐三さんが「須賀川の道しるべ」をテーマに、街かど講演会を開く。参加無料。午後2時半ごろまでで、参加者には牡丹しるこ券を進呈する。